岩手県紫波町広報紙「しわねっと」制作(2022年6月号〜)

人の熱さがある場所には、熱がつたわる「伝導体」が重要だと思います。
紫波町は、町民主体のイベントや催し物が数多く開催されるなど日々活気が増していく町です。
その紫波町で「人と地域をつなぐ」というコンセプトを掲げ続けてきた広報紙。町と地域の中間メディアとして「町と住民」、「人と人」、「地域と地域」をつなぐネットワークの基点となるような紙面づくりをしています。2022年6月号のリニューアル時に、課題となっていた若年層の関心を醸成するため、タイトルロゴや紙面デザインを一新。イラストや柔らかい印象のモチーフを用い、あたたかさを感じられるデザインとしました。また、従来のお知らせ内容に加え、町民の活躍を伝える「しわのつくり手大百科」、変わりゆく町の中で改めて大切な物を見つける「紫波町魅力再発見」の2つの連載を提案。人と地域をつなぐために、さらに新しい提案をしていきたいと考えています。

client : 岩手県紫波町(元請:山口北州印刷株式会社)
director:相坂 奈津樹
designer : 相坂 奈津樹
writer : 菊地 健二/桜庭 由季子/佐藤 文香(フリーランス)
photographer:佐々木 彩香(畠山写真館)