message

広告コミュニケーションは「家づくり」に似ています

広告を出して、集客したい。自社の商品をアピールしたい。

まだまだ知られていないから、知名度を上げたい。

広告を出す理由は本当に様々だと思います。

そして、広告というのは実に「高価な買い物」です。

 

タイトルに「広告コミュニケーションは『家づくり』に似ています」と書きましたが、

まさにその通り。家のような高価な買い物をする時に、

一つの家だけを見て、購入を決めることはほとんどないと思います。

複数社を比較検討して、営業マンの人となりを見て、

このメーカーなら大丈夫という判断をしているはず。

それなのに、広告制作を依頼する時には、比較検討もしないまま、

発注に至るという例も少なくないのです。

 

広告を初めて出すという企業は

最低でも2社には声をかけて、比較検討したほうが良いと思います。

その理由は、広告を初めて出す企業というのは、

自分がどんな広告を出したいのかが定まっていない場合が多いからです。

違う会社からそれぞれ意見を聞き、要望を話す中で、

自分のやりたいことが整理されてくる。

そういう効果もあるので、比較検討をしたほうが良いと思うのです。